伊丹市で産後のポッコリお腹が凹まない!!と愕然としているママさんへ

こんにちは!

いたみいろどり整体院院長の池田佳未です(いけだよしみ)。出産してから7カ月経ってもお腹が全然凹まない!!と愕然としているあなたへ。

あなたがもし

☑体重が元に戻らない

☑体重は戻ったけど体型が戻らない

☑お腹だけがどうしても凹まない

☑腹筋してるけど効果が出ない

このような方は続きをお読みください。

出産後のポッコリお腹の原因は?

出産後もポッコリお腹が凹まない原因は大きく3つあります。

妊娠中に蓄積した脂肪や水分が残ったまま

産後にお腹が戻らない原因の1つは脂肪の蓄積です。妊娠中はどうしても身体に脂肪がつきやく、体内の水分量も増えてしまいます。この状態が出産後も続いてしまっているためにお腹が凹まないことがあります。

妊娠期に子宮が大きくなったため

妊娠期には赤ちゃんの成長とともに子宮も大きくなってきてます。臨月の頃の子宮の大きさは妊娠前の15倍とも言われています。この大きくなった子宮は出産後のホルモンの作用によって少しずつ元の大きさに戻りますが、どうしても時間が必要になります。その過程でお腹が凹まないと感じることがあります。

腹腔内圧の変化による影響のため

赤ちゃんがお腹の中にいるときはお腹の中の圧(腹腔内圧)が高い状態にあります。それが出産によって赤ちゃんや胎盤、羊水などが体外へ出ると一気に内圧が下がります。そうなることでしぼんだ風船のようにお腹周りの皮膚や腹膜などの組織に緩みが出来ることで結果としてポッコリお腹を引き起こす要因となります。

 

どうすれば元に戻るの?

ここではポッコリお腹を凹ます方法をいくつか挙げていきます。

<食事バランスを整える>

まずは食事バランスを整えましょう。特に体重が増えてしまっている方の場合は摂取カロリーに気を付けてください。ただし授乳中の場合は摂取カロリーをそこまで注意する必要はないとも言われますので、バランスよく食事を食べて体重が落ちてくるようであれば継続、変わらなければ少し食事量を減らすなどをして調節してみるようにしてください。

産後に骨盤ベルトを着ける

産後に腰や骨盤の痛みが強い方の場合には骨盤ベルトを締めることも良い方法です。骨盤ベルトを締めることでお腹に力が入りやすくなるのであれば積極的に使用することをお勧めします。

治療院で骨盤の調整をしてもらう

骨盤や腰の痛みで思ったように動けない、なんとなく力が入りにくいといったママさんは骨盤矯正が出来る治療院に通うのも1つの方法です骨盤の位置が整うことで腹腔内圧が高まりやすくなることでお腹も凹みやすくなります。

いたみいろどり整体院のポッコリお腹に対する施術の考え方

当院では骨盤の調整後、腹腔内圧を高めるためのセルフトレーニングをアドバイスさせていただきます。骨盤をいくら正しい位置に戻したとしても、お腹の中の圧が良い状態に保てていないと骨盤も施術前の状態に戻りやすく、ポッコリお腹も凹んできません。更に一般的な筋力トレーニングのような方法では筋肉に力を入れているときには圧は高まりますが力を抜くと圧が抜けてしまいます。それに意識的に圧を高める方法は日常生活で継続しずらい欠点もあります。

当院では腹腔内圧を高めるような呼吸法と無意識下で筋肉を収縮させて圧を高まる方法をお伝えしています。

呼吸法(腹式呼吸)

呼吸法で推奨しているのは腹式呼吸です。呼吸には大きく分けて胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は胸や首の筋肉を使って胸の上部に空気を取り込む呼吸様式で、腹式呼吸は横隔膜を使って胸の下部に空気を取り込む呼吸様式です。このうち腹式呼吸で腹腔内圧を高める効果があり、その圧によって皮膚や腹膜、腹部の筋肉に適度な張りをあたえることが出来ます。

リズミカルな体重移動

次に当院でお伝えしているお腹周りの筋肉を無意識に働かせて、腹腔内圧を維持するための方法になります。まずは以下の動画をご確認ください。

最初の20秒ほどが間違った方法で、残りの30秒が正しい方法でになっています。

間違った方法では上半身、特に胸だけが横に倒れているのがわかります。これは意識して身体を動かしている状態であり、余分な力が入っている状態になっています。この方法ではお腹周りの筋肉を無意識で使うのは難しくなります。

後半の30秒は、ただ身体を揺らしているだけのように見えますが、そこが重要なポイントです。この方法だと筋肉は意識的に力を入れのではなく、無意識な状態で自然に力が入る方法になっています。この運動のポイントは脚が踏ん張らないようにすること(できれば足のつかない座面の椅子でおこなう)と、左右のお尻に体重をリズミカルに移動することです。そうすることで上半身が下から上に波を打つように動くようになります。この動きが力を入れずに勝手にお腹周りの筋肉に収縮が入るため、より日常生活で使いやすい筋肉の収縮となり、腹腔内圧を高めた状態を維持するのに効果的な方法となります。

まとめ

いかがでしたか?

産後のポッコリお腹の原因は色々ありますが、あなたの今の状態に近いことから始めていきましょう。そして忘れてはいけないのは腹腔内圧を高い状態で維持するためには、意識しなくても筋肉が使えてるようになることです。今回の内容を実践していただきお腹を凹ます第一歩を踏み出して頂くきっかけになっていれば嬉しく思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL