いつまで続くの!?産後の腰痛の原因とその対処法

 

産後のママさんのお身体の悩みとしてもっとも多いと思わられる「腰痛」。

あなたはどうですか?

出産直後は特に身体の変化が大きくデリケートな状態になっています。

そして、その大きく変化した身体の状態で日々の生活を送っていると、

どうしても腰痛を起こしやすくなります。

今回はそういった産後の腰痛について

原因、一般的な改善方法と最後に当院でしかお伝えしていない

ご自宅でできるセルフケア方法をお伝えしていきます。

 

産後の腰痛の原因

妊娠中・出産時の骨盤の開き

妊娠・出産によって骨盤が広がってしまうことが腰痛の原因になります。

妊娠中~後期にかけてお腹の中の赤ちゃんはグッと大きく成長します。

 

赤ちゃんがお腹の中で心地よく過ごすために、骨盤周囲の筋肉が緩むことで

骨盤腔(上写真の赤丸の部分)と呼ばれる赤ちゃんがいるスペースを

広げようとします。

 

この時に骨盤が広がります。

 

出産のタイミングでは更に骨盤が大きく広がる必要があるため、

ますます筋肉や靭帯が柔らかくなり、産道を広げることで

赤ちゃんが通るスペースを確保しようとします。

 

この時に広がった骨盤は非常に不安定で、その後のケアが不足していると

広がったまままになっていたり、左右のズレが怒ったりします。

 

これが身体全体のバランスを崩れの原因となり腰痛につながります。

 

妊娠による姿勢バランスの崩れ

妊娠中に骨盤が開くことで姿勢も大きく変わります。

 

骨盤が開くとそれによって股関節も外旋(外に捻じれて広がったような状態)していきます。

そうなうことで立ち姿勢や歩くときにがに股で歩くような状態になってしまいます

そうすると主に足の外側の筋肉を強く使うような運動になりやすくなります。

 

またお腹の中の赤ちゃんが大きくなってきて

お腹が前にせり出すような形になってくると腰が強く反った姿勢になってきます。

 

このよう姿勢での立ち姿勢、歩き方のクセが

出産後も続いてしまうことが、産後の腰痛を引き起こしている原因なっていることがあります。

 

産後の身体へのストレスが続いている

出産直後はそんなに腰痛が気にならなかったが

2~3カ月してから腰が痛みだしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

これは慣れない育児や家事との両立による身体へのストレスや

精神的なストレスの蓄積が影響しています。

ストレスについては下記の記事を読んでみてください

そもそもストレスって何?その原因と正しい対処法 に関してはこちら ≫≫≫≫≫

 

産後の身体や精神的なストレスの蓄積によって

身体は常に緊張して筋肉が硬くなってしまいます。

 

更に厄介なのが人それぞれ身体の使い方に違ったクセがあるので

身体の中でもストレスがかかりやすい部分とそうでない部分の

差が出てきます。

 

あなたも足を組むときや頬杖をつくときに左右どちらかに偏っていませんか?

 

産後の場合だと赤ちゃんを抱っこするときや授乳の時などに

左右どちらか一方に偏りがちになることが少なくありません。

 

そういった小さなクセが出産後のデリケートな身体には大きく影響してきます。

 

腰痛を治すための一般的方法

原因は分かった!じゃあどこに通えば私の腰痛は良くなるの?

今、あなたはこう思っていませんか?

そんなあなたのために腰痛を治すための方法をいくつかお伝えしていきます。

 

整形外科に通う

まず最初に思いつくのが整形外科や整形クリニックだと思います。

整形外科は骨の異常や急性の外傷などの治療には非常に効果が高く

この点においては整骨院・整体院では真似することが出来ません。

 

また薬の処方もしていただける(これも整骨院・整体院ではできません)ので

どうしても強い痛みを今すぐ落ち着かせたい!!

 

そのようにお悩みの方は整形外科を受診することも良いのではないでしょうか?

 

整骨院に通う

次の方法として整骨院に通うことが挙げられます。

 

整骨院であれば予約優先で診ていただけますし、

時間帯を調整することが出来る方なら待ち時間もほとんどないでしょう。

最近ではお子さん連れでも診ていただけるような整骨院さんも増えてきています。

 

いたみ いろどり整体院に通う

はい、宣伝です(笑)

 

当院では産後のママさんの骨盤の状態を整えたり

そこから表れる腰痛や肩こり、頭痛などの辛い症状を取り除く

産後ケア特化プログラムをご用意しております。

 

特に、色々試してみたけど痛みが一向に落ち着かない!!

このような方の施術を得意としておりますので一度ご相談ください。

 

自宅でセルフエクササイズを実践する

病院や、整骨院に通う時間がない!!

自分でなんとかしたい!!

 

そんなあなたにはご自身で行うホームケアで

産後の腰痛を改善させることも可能です。

 

いたみ いろどり整体院でもホームケアには施術と同じくらい力を入れており

最終的にはお客様自身で症状を改善できるようになっていただくことを目的としています。

 

ご自身でできる簡単ホームエクササイズ3選

セルフ骨盤調整

まずは妊娠、出産によって開いてしまった骨盤のセルフケア方法です。

骨盤のセルフケアには下の動画の方法が簡単で効果的です。

まずは下の動画を確認してみてください。

ポイントは呼吸に合わせて運動をおこなうことです。

そして動かす時のポイントとして骨盤に置いた手で強く押したり戻したりしないことです。

あくまでも動かすのは骨盤から足で、置いた手は補助程度にしてください。

 

セルフ背骨調整

背骨のホームケアには≪キャットバック≫が効果的です。

まずはしたの動画を確認してください。

ポイントは手足の力を抜いて踏ん張らないようにします。
その状態で背中全体を丸めたり、反らしたりする反復運動になります。

このとき、特に反らす際に腰の部分だけ強く反らさず背骨全体が均等にしなるように
注意してください。腰だけが強く反ってしまうと腰痛を悪化させる危険性があります。
最初のうちは小さい範囲から始めて、徐々に動きを大きくするようにしてください。

 

セルフ姿勢調整

産後の腰痛にお困りの方の特徴的な姿勢の1つが反り腰です。

この反り腰を改善するための当院独自のホームケアがこちらです。

まずは下の動画を確認してください。

反り腰に対してよく指導されることとして筋力トレーニングや柔軟体操などがあげられますが、

という院ではそういった筋力や柔軟性だけでは解決できない姿勢のクセを正していくための

ホームケアのアドバイスを得意としています。

 

ポイントはつま先立ちで上に伸びていった姿勢のまま踵(かかと)をおろしてくることです。

そうすることで、姿勢が自然と上に伸びた状態を保つことができ、反り腰が軽減します。

この運動の良いとこは家でも外出先でも仕事中でも

 

つま先立ちが出来る状況であれば、どこででも取り入れられる点です。

是非、実践してみてください。

 

いかがでしたか?

産後の腰痛はママさんが悩まされる症状の1つですが、

しっかりとケアしていくことで症状は必ず落ち着いてきます。

当院でしかお伝えしていないホームエクササイズを是非実践してみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL