伊丹市で治療院で「お腹の筋力が弱っている」ことが腰痛の原因と説明されたあなたへ

こんにちは!

いたみいろどり整体院院長の池田佳未です(いけだよしみ)。

慢性腰痛で整骨院や整体院に通われている方のなかで腰痛の原因をお腹や背中の筋力低下が原因だと説明を受けた方はいらっしゃいませんか?

そして筋力をつけるために24回分の電気治療の回数券を購入した方はいらっしゃいませんか?

どうですか?筋力はついてきましたか?腰痛は落ち着いてきましたか?

もしあなたが

☑腹筋めちゃくちゃ頑張っても腰が痛いまま

☑電気治療3か月も続けているのに一向に腰痛が治らない

☑効果をあまり感じられないのに回数券の追加購入を迫られている

☑本当に筋力低下が原因なの?と少し疑いがある。

このような疑問や不安がある方は続きをお読みください。

腰痛と筋力低下の関係性

インターネットで【腰痛 筋力低下】で調べると

◆腰痛のある人は無い人に比べて筋力が弱かった

◆反り腰の原因はお腹の筋力の低下が原因だ

◆コルセットを巻くと筋力が落ちる

等と言うような情報はたくさん出てきます。

しかしここで注意していただきたいのが

筋力低下が腰痛の原因なのか?それとも腰痛が筋力低下の原因なのか?

という点です。

筋力低下が腰痛の原因になるのか?

仮に筋力低下が腰痛の原因だとすると筋力の弱いご高齢の方や幼児は全員腰痛に悩まされていることになります。反対に一般の方より明らかに筋力があるスポーツ選手などは腰痛に悩まされている人はいないと言うことになります。

確かにご高齢の方で腰痛に悩まされている方もいるでしょう。でも腰痛もなく元気に過ごしている方も多くいらっしゃいます。幼児で腰痛に悩まされている子はほとんどいないのではないでしょうか?

反対に第一線で活躍しているスポーツ選手の中には腰痛を持っている方はかなり多いのではないでしょうか?腰痛に悩まされていない選手も定期的なメンテナンスをしていませんか?あれは放っておくと腰痛などの症状が出てくるからではないでしょうか?

こう考えると筋力低下が腰痛を引き起こしているという結論は少し強引な気がしませんか?

腰痛が筋力低下の原因になるのか?

では腰痛が筋力低下を引き起こす原因になるのか?という点にです。

この点についてはですが以下のような研究があります。

 慢性疼痛患者群 は健常群に比較し,% MV に対する WBI が有意に低下していることがわかる。これは,慢性疼痛患者群は健常群より筋出力抑制が大きいことを意味している。

少し専門的な言葉が並んでいますので簡単に説明すると«慢性的な痛みを持っている人は健常な人に比べて筋出力が抑制されやすい»ということです。身体のどこかに痛みがある場合、本来ある筋力が十分に発揮しづらくなると言うことです。この研究の中では最大筋出力の30%抑制(力を出しづらくなる)されることが報告されています。

皆さんにも痛みで思ったように身体に力が入らなかったり、力が抜けてしまった経験があるのではないでしょうか?

これは腰痛でも同じことが言えます。何らかの原因によって腰痛が発生して、その痛みによってお腹や腰周りの筋肉の力がうまく使えなくなっている状態です。

これは筋力低下ではなく痛みが引き金となった筋出力抑制と考えるほうがスムーズではないでしょうか?

腰痛に対する筋力トレーニングは意味あるのか?

腰痛に筋力トレーニングが効果がないとは言い切れません。しかし筋力低下が腰痛を引き起こしているのではなく、腰痛によって力がでにくくなっているのであれば、その状態でいくら筋力強化を行っても効果が出るには相当の時間がかかることが予想されます。それに筋力低下が腰痛の原因とする考えでは筋力強化を継続しないと再び腰痛に悩まされることになると言うことです。

あなたはずっと筋力強化をし続けたいですか?

いたみいろどり整体院の腰痛に対する考え方

当院は«腰痛によって周りの筋肉がうまく使えなくなっている状態»と考えます。その考えの方が無駄な努力をしなくて済みます。

つまり腰痛を引き起こしている原因を根本から改善することで腰痛は落ち着き筋力も発揮しやすくなります。

当院では腰痛の原因を身体の≪ストレス反応≫にあると考えています。

あなたを取り巻く全ての物事から日々刺激を受けています。こういったストレスの原因(ストレッサー)は人によってさまざまであり、この刺激が一定量を超えてくるとストレス反応が現れます。その1つが筋肉の過緊張やこわばりです。

この筋肉の過緊張は人によって生じる部分が異なるため詳細のカウンセリングやお身体の状態確認が必要になってくるのですが、この筋肉の過緊張の状態が腰痛を引き起こす原因となっていると当院では考えています(これらのストレス反応や筋肉の過緊張は医療機関での画像診断やその他検査では見つけることが難しいため、当院独自の検査法によって丁寧に原因を見つけていく必要があります)。更に内臓の状態も重要です。内臓も平滑筋と呼ばれる筋肉でできています。つまり内臓もストレス反応によって緊張してこわばってくる可能性があります。この内臓の緊張が腰痛の原因になることもあります。原因となっている骨格筋や内臓の筋肉の過緊張をやわらげ、その状態を維持するようなセルフケアや自宅での生活上の注意点を守っていくことで腰痛は改善していきます。

 

まとめ

いかがでしたか?

慢性腰痛の原因を筋力低下と説明されることも多いですが、それは腰痛によって筋力がうまく発揮できていない可能性があります。当院に通われているお客様の中にも他の治療院で筋力強化のための24回コースの電気治療(筋力強化ができると説明されたそうです)の高額回数券を買って全く腰痛が良くならなかったという方もいらっしゃいます。当院では丁寧なカウンセリングと検査で原因を見つけ出し、あなたに納得していただけるように説明します。あなたがご納得いただいたうえで治療を行っていきます。

この記事を読んでいるあなたが病院に通っても整骨院に通っても変わらなかった...とお困りであれば一度当院の施術を受けてみませんか?ご連絡お待ちしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL