伊丹市で慢性症状のお悩みの方に試して欲しい自主トレ3選

 

こんにちは!

いたみいろどり整体院院長の池田佳未(いけだよしみ)です。

腰痛・膝痛・肩こり・頭痛にお悩みの方。

あなたはいつからその症状に困っていますか?

そして

あなたはいつまでその症状に困る予定ですか?

 

もし、あなたが

 

「今すぐにでも改善したい!!」

 

そう思うのであれば

このブログの内容はあなたにとって

とても有益なものとなることをお約束します。

 

なぜ慢性の症状が出るのか?

まず腰痛や膝痛などの慢性症状が出る理由ですが

体の一部分に長期的に負担がかかり続けることで

あるタイミングで限界を超えて«痛み»として表れるようになります。

 

慢性の症状の場合には負担がかかっている

部分が問題になることは少なく

その他の部分に原因があることがほとんどです。

 

例えば慢性的な腰痛があったとき

腰に問題があるように思われる方がほとんどですが

多くの場合には腰には問題はなく

 

腰以外の部分が原因となります。

 

この事実を知ったうえでどうするか?

この痛みが出ている場所に原因はない。

という事実を知ったうえでどうされますか?

 

「そんなはずはない!!」

「腰が痛いんだから腰が悪いに決まってるだろ!!」

 

そう思われるのであれば今すぐ

このブログを読むのを辞めて

これからも慢性的な痛みに悩まされる日々を送ってください

 

だって一度考えてみてください。

 

もし、痛みや症状が出ている部分

腰や膝、肩、首などに原因があるのであれば

 

もうあなたの症状は改善していても良いはずではないですか?

 

そこに原因が無いから

・痛み止めを飲み続けても

・シップを貼り続けても

・マッサージを受け続けても

・電気治療を受け続けても

 

あなたの症状が改善しなかったのではないですか?

これまで受け続けてきた治療・施術では効果が無かった場合

これまでとは違う治療・施術・考え方が必要になると思うあなたは

 

このまま続きをお読みください。

 

症状が出ている部分以外の原因とは?

症状が出ている患部以外の原因とは何か?

結論からお伝えすると

患部以外の全ての部分に原因となる可能性があります。

 

「そんなこと言いだしたらキリがないやろ!!」

「なんの答えにもなってないやん!!」

 

そう思われているはずです。

 

しかしそうなんです。

1人1人原因となる場所は違いまし

原因は1つとは限りません。

 

でも、ご安心ください。

たくさんある原因の中でも

より可能性が高い部分はあります。

 

その部分をご自身でセルフケアで整えていくことで

慢性症状を改善し、コントロールしていくことができます。

 

その部分とは

 

背骨・肋骨・股関節

 

です。

 

どのような慢性症状の場合でも

この3か所の動きが硬くなっていることが多くあります。

 

つまりこの3か所をご自身で整えていくことで

慢性症状をコントロールできるようになります。

 

今からそのセルフケアの方法をお伝えしていきます。

 

背骨のセルフケア

背骨のセルフケアはキャットバックです。

 

肋骨のセルフケア

肋骨のセルフケアはオープンブックです。

 

股関節のセルフケア

股関節のセルフケアはガニ股スクワットです。

まとめ

慢性的な痛みやその他の症状の場合、

症状が出ている部分が原因であることは少なく

身体の他の部分に原因があることが殆どです。

 

その中でも特に

股関節・背骨・肋骨に原因があることが多く

うまくコントロールすることで慢性症状を

改善することが可能です。

 

今回のセルフエクササイズを是非実践して

痛みを減らしていきましょう!!

 

ご予約・ご相談はLINEから頂けるとスムーズです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL