伊丹市で腰痛と脚の痺れの原因が分からないと言われたあなたへ

こんにちは!

いたみいろどり整体院院長の池田佳未(いけだよしみ)です。
腰痛と脚の痺れが強くなってきて我慢できなくなったから

整形外科を受診して画像を撮ってもらったのに

「特に異常は無いですね」

と言われて余計に心配になっている方はいませんか?

もしあなたが

☑ 今現在、腰の痛みに困っている

☑ 今現在、脚の痺れに困っている

☑ 整形外科でレントゲンを撮ってもらった

☑ レントゲンの画像上には特に異常は無いと診断された

☑ その時、原因を訪ねると「原因は分かりません」と言われた

☑ そして「とりあえず痛み止めとシップ出しときます」と言われた

☑ その痛み止めもシップも全然効かない

☑ 「1週間後も痛かったら別のお薬にしてみましょう」と言われた

このような方は続きを読んでください

結果には必ず原因がある

痛み・痺れは結果です。その結果を引き起こす原因が必ず存在します。

では、なぜ整形外科では「原因が分からない」という結論に至ったのでしょうか?

それは整形外科でおこなう検査では見つけること難しい原因だった可能性があります。

整形外科でおこなう検査を思い返してみてください。

恐らく多くはレントゲンを撮って結果を見ながら、問診をおこなう、痛みや痺れが悪化するようなテストを行う。

これらの結果を見ながら

「腰の骨が変形してるのが原因だねぇ」とか「椎間板が硬くなって後ろに飛び出してるのが原因だ」という説明をされて、カルテに脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの診断がされます。

つまり整形外科では画像からの情報を中心に痛みや痺れの原因となっているものを見つけ出そうとします。

勿論、問診や姿勢による症状の変化なども判断材料にされていますが、やはりメインとなる材料は画像からみられる骨や関節の変形です。

 

画像上の異常が無ければ原因が不明?

整形外科での診断の強みとは画像検査によって明らかな変形や異常を見つけることが出来る点です。

これは特に骨折などの急性外傷や骨腫瘍などの骨・関節の疾患を見つけ出すのに非常に効果が有ります。

しかしこの画像診断の強みは裏を返せば«画像に映らない原因は見つけられない»ということになります。

そうなると«原因がわからない»という判断になってしまいます。

特に慢性的な痛みや痺れなどの症状の場合に、このように原因が不明と判断されることが少なくありません。

 

いたみいろどり整体院での慢性痛の考え方

レントゲンなどの画像診断では原因が映らない«慢性的な痛みの原因»について

いたみいろどり整体院では身体の≪ストレス反応≫にあると考えています。

あなたを取り巻く全ての物事から日々刺激を受けています。こういったストレスの原因(ストレッサー)は人によってさまざまであり、この刺激が一定量を超えてくるとストレス反応が現れます。その1つが筋肉の過緊張やこわばりです。

この筋肉の過緊張は人によって生じる部分が異なるため詳細のカウンセリングやお身体の状態確認が必要になってくるのですが、

この筋肉の過緊張の状態で何かの動きがきっかけで腰や膝などの痛みを引き起こす原因となっていると当院では考えています(これらのストレス反応や筋肉の過緊張は医療機関での画像診断やその他検査では見つけることが難しいため、当院独自の検査法によって丁寧に原因を見つけていく必要があります)。

更に内臓の状態も重要です。内臓も平滑筋と呼ばれる筋肉でできています。つまり内臓もストレス反応によって

緊張してこわばってくる可能性があります。この内臓の緊張も痛みを引き起こす原因になることもあります。

 

原因となっている骨格筋や内臓の筋肉の過緊張をやわらげ、その状態を維持するようなセルフケアや

自宅での生活上の注意点を守っていくことで痛みなどの症状は改善していきます。

 

まとめ

画像診断は骨折や組織の損傷を確認するためには大変有効な診断材料の一つになりますが、レントゲンなどの画像診断で原因が分からないと言われた方も多くいらっしゃいます。

いたみいろどり整体院では画像診断も1つの情報として参考にさせて頂きますが、その他の可能性も丁寧に見つけ出し、それらを解決していくための施術をおこなっていきます。この記事を読んでいるあなたが医療機関で痛み・痺れのの原因が不明と言われ、不安な毎日を送ってい要るのであれば一度当院の施術を受けてみませんか?ご連絡お待ちしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL